540-0012 大阪市中央区谷町1-7-4 MF天満橋ビル2F
Tel:06-6910-2288 office@office-izutani.com

枠が一杯、でも追加融資

「銀行の融資の枠が一杯なんだけど、まだ借入れできないかな?」

よくこんなご相談を受けます。

既に金融機関の借入れ枠一杯まで借入れをしている場合、中小企業が追加融資の相談を金融機関に相談してもほぼ断られます。しかし、中小企業新事業活動促進法の経営革新の承認を受ければ、更に借入れが出来る可能性があるのです。

これまであまり相手にしてくれなかった金融機関の担当者が、「経営革新の事業であれば、ぜひ」と手のひらを返したように、融資に積極的になったという話も珍しくありません。

経営革新の優遇措置の一つに、信用保証協会が保証枠の別枠を設けてくれるというものがあるため、これを使うのであれば、金融機関も融資が可能となるためです。私たちが支援した企業様も、この優遇措置を活用される例が数多くあります。

 

J社の社長は、先代から事業を受け継いだばかりの2代目社長でした。J社社長は、事業のIT化を進め、新事業に取り組み、これまでの古い企業体質からの脱却を図りたいという希望をお持ちでした。

しかし、先代の時からの借入れが多く、新事業に取り組むにも、資金不足で手が打てない状況だったのです。そこで、J社社長が暖めていた新事業のアイデアを、事業計画書にまとめ、中小企業新事業活動促進法の経営革新の承認をとることにしました。

金融機関と信用保証協会でも経営革新の承認を条件に融資するという内諾を取り付け、経営革新の申請を行い、3ヶ月後には融資を受けることが出来たのです。

 

もちろん、金融機関は企業の財務内容を見た上で、融資を決定しますから、全ての企業が追加融資を受けることができるとは限りません。しかし、経営革新の承認を受ける前と比較すると、受けた後では、融資の可能性が高くなることは間違いありません。

新事業のアイデアと情熱をお持ちであれば、追加融資をあきらめる前に、チャレンジされてはいかがでしょうか。